HOME技術・サービス耐震診断と助成制度:耐震診断の流れ

耐震診断の流れ

耐震診断の流れ 耐震補強へ
  • ご要望の把握、確認
  • 建物の概要、履歴の確認
  • 使用状況確認、簡易目測等
  • 既存図書(竣工図、設計図、構造計算書、その他資料)の有無確認
  • 耐震診断の費用(見積書)、診断期間算定
  • 業務委託契約(耐震診断)
  • 既存図書との照合
  • 現地調査、耐震調査
  • 一次診断:
    延べ床面積に対して柱と壁の断面積がバランスよく確保されているかを判定する簡易診断。比較的壁の多い建物には適している。
  • 二次診断:
    一般的に最も多く用いられる診断方法。
    床や梁が十分に強度があると仮定し、柱や壁の強度計算から耐震性能を診断する。
  • 三次診断:
    柱や壁に加えて梁も考慮して詳細に建物の耐震性能を診断する。形状が複雑な場合や高層建物に用いられる。
  • 現状の建物の耐震性能の総合評価及び報告
  • 業務委託契約(耐震補強・改修設計)
  • 耐震補強、改修設計費用(見積書)設計期間算定
  • 耐震診断の報告に基づく補強・改修計画案をご提示